札幌と理系と英語

英語を自在に使えるようになって、経済的自由になる

ドライバーの適正ロフトとアタックアングルについて

こんにちは。muu2000です。

ありきたりでありふれてますが(?)、ドライバーの適正ロフトを調べたいと思います。

 

そもそもの飛距離の出し方

最初に飛距離の3原則を確認しますが、飛距離(キャリー)は、

1 ボールスピード(ボール初速)

2 打ち出し角

3 スピン量

で通常は決まります。ほぼこれしかないと考えています。他にあるとすれば、風や気圧、ボールの軸ズレ(これはスピン量に影響を与えるので同じことを言ってるような気もしますが。。)、雨、その他ボール性能でしょうか。ここら辺は無視します。

 

ボールスピードを上げるには、基本的にはヘッドスピードをあげてミート率(芯で捉える打ち方)を上げるということになります。低ロフトだとなおさらミート率が上がりますね。

 

不明瞭なのは、打ち出し角とスピン量です。結局どれくらいの打ち出し角で打てばいいのか?どういう打ち方をすればいいのか?ということをしっかり押さえなければスイングの方向性とドライバーの性能を決めることができません。

 

ロフトは何度でアタックアングルをどの程度のすればいいか?

基本的に、打ち出し角をあげて、スピン量を減らせば飛ぶ!というのが社会の通説です。

簡単に調べますと、ヘッドスピード40m/sの場合はダウンブロー3度でドライバーを打つ場合はロフト16度、アッパーブロー3度で打つ場合はロフト12度がいい、と出てきます。(出典はhttps://www.hm-golf.com/lesson/trouble_solve/driver_launch_angle2.htm

ロフト16度のドライバーなんてほとんどないので、ヘッドスピード40m/sの人はロフトが一番大きいドライバーを選んだ方がいいという結論になります。

 

よく見ていたゴルフクラブ数値.comだと、( http://www.golfclubsuuchi.com/head/loft/ )もう少し詳しく載っていますが、アッパーブロー3度のスイングの場合のヘッドスピード別ロフト距離が載っていますが、ヘッドスピードが速めの人(45m/s)であってもロフト8度よりロフト10度の方が飛ぶわけです。

 

ちなみに私には信じがたいことですが、ゴルフクラブ数値.comにはアマチュアのドライバースイングのアタック角はアッパーブロー3度が平均と書かれていますが、それは嘘だろ。。と思ってしまいます。根拠もないですが、ダウンブロー3〜5度くらいがアマチュアの平均だと思ってます。プロのドライバー弾道を見ていただいてもわかると思いますが、もっともっと上手い人は高く打ちますし、m-tracerのようなスイング解析機で解析してもダウンブローで打つアマチュアがほとんどです。アッパーブローは意識して練習を積まない限り難しいはずです。

 

もう少し漁ると、トラックマンのデータが出てきました。(driver fitting optimizer TrackMan-Driver-Optimization_2011.pdf)

今回はダイナミックロフトを、アタックアングルとドライバーリアルロフトの和で単純にみてしまいますが・・(ほんとはダメです)100mph(44.7m/s)の場合だと、

ダウンブロー5度 リアルロフト14.3度

レベルブロー リアルロフト11.7度

アッパーブロー5度 リアルロフト8.7度

が一番飛ぶようです。

正直言って、アッパーブロー5度でドライバーを打てるアマチュアなんて片手シングル以上じゃないと存在しない気がします。

よほど効率のいいスイングの人以外はダウンブローで打っているので、

私の結論としては、ドライバーのロフトはミスも踏まえて14度前後が一番いいのでは?と結論づけたいと思います。

ちゃんと考えるためにはトラックマンユニバーシティー、受講したほうがいいかもしれないなぁ。笑 

 

次回以降、結局14度前後のドライバーってどれ?ということで紹介していきたいと思います。

実現してほしいクラブ

こんにちは。muu2000です。

今回は、私がネット中探してもでてこなかったクラブについて紹介していこうと思います。

 

 

1.3レングスセット

みなさん、ワンレングスアイアン(海外ではシングルレングスアイアン)を使ったことはあるでしょうか?

使ったことある方はかなり少ないかと思いますが、私はpinhawk single length ironsを一時期使用しておりました。

ゴルフを始めて半年くらいの段階で購入してしまったので、今使えばまた感想は変わると思いますが、当時の印象としては、上位の番手(4Iや5I)になるほどアイアン間の飛距離差がでにくくなるといったものでした。(打ち損じると簡単に番手が逆転します)

当時は(といっても1年半ほど前なだけですが)今と比べるとヘッドスピードも5m/sくらいは遅かったと思いますので、そういう感想になったのだと思います。

ワンレングスアイアンで番手間の飛距離差を出すにはそれなりのヘッドスピードと技術が必要だと思います。

しかし、ヘッドスピードがあれば問題ないかというとそういうわけでもなく、結局のところ上位番手では高さを犠牲にして飛距離を出しているため、4Iなどでは非常に低弾道で飛んでいきます。

これがワンレングスアイアンの最大の問題点かと思います。

 

そもそもワンレングスアイアンのコンセプトは、クラブの長さが変わらなければミスヒットが減るといったものです。(あとは長いクラブが打てないから廃止するといったところですが、上記の理由で低弾道になってしまいます)

現代のクラブセットはクラブそれぞれで長さが違い、そのせいで各クラブで立ち幅やら前傾角などを気にしなければなりません。

もう少しシンプルに3つくらいの長さでクラブセットを組むことはできないでしょうか。

37/38.5/40インチなんかの3種類にクラブの長さを絞れば、上位番手でも長さがあるのでヘッドスピードが減らずに高さも出るようなクラブになると思います。

そもそも片手シングル以下のアマチュアで3Wを使いこなせる人も少なければ、実際のラウンドで活躍する場面も少ないです。

理想はもちろん各番手ごとに長さが違う方が高さが合うので理想ですが、プロを真似したクラブセッティングはプラスハンデからにした方がいいと思うのです。

 

2.ロフト15度以上のデカヘッドドライバー

市販のドライバーはロフトが8度〜12度までのクラブしかほとんど売っていません。

最大飛距離ではなく平均飛距離(というかティーショットのストロークスゲイン)が最大になるようなドライバーを作ってほしいです。

しかし、ゼクシオプライムセブンティーンというロフト17度のドライバーを昔販売したところ、全然売れなかったそうですので実現はなかなか難しいかと思ってます。

 もしかしたら海外で探せばあるのかもしれません。。情報お待ちしてます。

軽く調べたところだと、PingのG410plusはロフト12度と、カチャカチャで1.5度プラスできるみたいです。

表示ロフトとリアルロフトは基本的に日本だと違うので、この場合どうなのかわかりませんが、デカヘッドブラッシー(2W)くらいなら作れそうな気もします。

このほうがアマチュア的には恩恵を受けれると思います。

シャフトの長さも45インチもあると長いので、44インチくらいにしたいところです。

OBを出さずに200ヤード以上簡単に飛ぶクラブがあればスコアアップ間違いなしではないでしょうか?

 

 結論

私が作りたいクラブセッティングとしては

1W 43インチ・12度

1W 43インチ・16度(刻む用ドライバー。あんまり多ロフトでもドライバーライ角が怪しくなってきますが、、)

5W 40インチ・18度

7W 40インチ・21度

9W 40インチ・24度

4U 38.5インチ・24度

5U 38.5インチ・27度

6U 38.5インチ・30度

7I 37インチ・32度

8I 37インチ・36度

9I 37インチ・40度

PW 37インチ・44度

AW 37インチ・49度

SW 37インチ・54度

PT

あれ??15本ある?笑

 

プロと片手シングル・シングルゴルファーの実力差

こんにちは。muu2000です。

 

みなさんの周りにはゴルフの上手い人がいるかと思います。

例えばハンデ5の人であれば、「プロ並みだ」とか「70台で回るなんてほとんどプロじゃないか」とか言われているかと思います。

 

でも正直なところ、ハンデ5の方の飛距離とツアープロの飛距離は全然違いますし、トーナメントプロとアマチュアゴルファーの回っているコースも全然違うわけで、ハンデ5の人とトーナメントプロの間にはかなりの隔たりがあるはずです。

レギュラーティー6200yとチャンピオンティー7000yを同じにしてはいけませんよ。

なんなら、トーナメントプロとティーチングプロの間にだって差があるはずです。

そもそも論でネットで簡単に調べるとハンディキャップの出し方すらよくわかってないのにハンデを語ってる人も(知恵袋とかには)います。平均スコアが72の人がハンデ0な訳ではありません。

 

今回は、トーナメントプロとハンデ5(片手シングル)の差を理解し、サラリーマンゴルファーが本気を出せばどこまで目指せるのか考えていきたいと思います。

※もちろん可能性で言えば30歳からでもツアープロになれるかもしれませんが。。

 

 

そもそものこの記事を書く動機

私は2017年の5月からゴルフを始め、初ラウンドはレギュラーティー6100yのコースで、スコアは140ほどでした。(139だったか141だったか・・おまけもあったと思いますが)

それからラウンドを20回程度、打ちっ放しで練習をそれなりにして、2017年11月に108で回りました。

冬期間に入るため、室内練習場を契約し、初回月はレッスンも15回程度うけ、2018年では室内練習場に100回以上通いました。(予約がラインに残るため、数えました。笑)

私は現在29歳で、2019年は改めてレッスンをたくさん受け、筋トレもしっかりとやっていこうと考えていますが、アマチュアゴルファーとティーチングプロ・トーナメントプロの実力の差をしっかりと把握しなければ目指すところがわからない、ということで今回まとめようと思ったのが動機です。

このブログでも以前紹介した気もしますが、sho-timegolfのshotaさんというゴルフ留学していた320y飛ばす方(日本オープンに出るくらい上手いですが、アマチュアの方です。ファーストQTに通るくらいなので、プラスハンデ3くらいの方でしょうか??)が、レギュラーティーの50台チャレンジという企画をやっていて、レギュラーティーで70台で回る人とプロの差はかなりあるんだろうな、と感じたというのも動機の一つです。

www.youtube.com

 

ティーチングプロ(JPGA)の実力(ハンデ)は?

 ティーチングプロにはA級とB級がありますが、正直講習料が60万円ほどかかるようですので、気軽になれるようなものではありません。笑

片手シングルだと意外となれるようですので、QT出場可能選手であればティーチングプロはなれるのではないでしょうか?

簡単にまとめてしまいますが、ティーチングプロになること自体は片手シングルでできてしまうので、あとは先生次第となってしまいます。上手い先生もいっぱいいるでしょうし。

トーナメントプロ(PGA/JGTO)の実力(ハンデ)は?

最終PGAプロテスト(これはハンデ3以下かティーチングプロ・ゴルフ等じゃないとそもそも受けられない)にて50位以内に入ってPGAに入会すればトーナメントプロです。そして、2000名程度はツアーに出ようと思っているプロがいる中、ファーストQT〜ファイナルQTまでで上位者になればツアープレーヤーのようです。

QTはアマチュアでもでれますが、ハンデ3以内等のPGAプロテストと同様程度の資格を持たないと出場できません。

JGTOはプロという資格を与えていないため、結局、セカンドQTが通った人が次の年のツアーに出れる資格があるだけで、永久的にプロゴルファーになるにはPGAにてプロ資格を取得するしかないようです。(JGTOはトーナメント組織である)

また知恵袋曰く、PGAトーナメントプロとティーチングプロでは同じコースで、スコアにして6ほど(ハンデにして4〜5くらい?)の差があるようです。

トップアマの実力(ハンデ)は?

本当にトップの方というのは毎年変わってしまいますが、、杉山修身さんという方は2013年にプラスハンディ7.6だったそうです。

また、ゴルフの豆辞典さんによると、トップアマは+2〜3くらいではないかとのことです。

www.mamejiten.com

 

まとめ

 すごい適当にまとめてしまいますが、、

ティーチングプロ ハンデ5よりは確実に上手い

トーナメントプロ・トップアマ ハンデプラス3程度?

ツアープロ ハンデプラス5より上手い

というのが簡単なイメージです。めちゃめちゃ適当ですいません。(汗)

プロと呼ばれる人は日本に5000人いるそうなので、臆さずにプラスハンデを狙っていきましょう!

 

パターのヘッド左右慣性モーメントのランキング

こんにちは。かなり雑記ですが、パターのヘッド左右慣性モーメント表を探しています。

正直mygolfspyにも載っていないし、ゴルフクラシックにも載っていないので困っています。

情報あればコメントしてくれると助かります。

 

black hawk

black swan

bettinardi BB55

cure putter

daddy long legs

profound

 

ここら辺がヘッド左右慣性モーメントが高そう。。

ゴルフクラブの合理的な選び方

こんにちは。

みなさんはゴルフクラブをどのように選んでいるでしょうか?

ゴルフクラブは反発係数等規制されているため、年々10yずつ飛ぶようになるわけではないのですが、

ゴルフ業界はそれではゴルフクラブは売れないので、あの手この手でユーザーを混乱させて色々と試行錯誤させようとしてきます。

 

そこで、今回は私が初心者の頃に知っていればよかった!と思うゴルフクラブのある程度正しい、合理的・科学的な選び方を伝授したいと思います。

 

1.統一基準で選ぶ

2.選ぶべき指標

3.数本買い、メルカリで売る

 

 1.統一基準で選ぶ

ゴルフ業界が直向きに隠しているのはこれです。

ゴルフのルールでヘッド左右慣性モーメントが5900g/cm^3と決まっているのにも関わらず、公表しているメーカーはかなり少ないです。

理由は簡単で、いいクラブがすぐわかってしまうと購入する側が混乱せず、売り上げが落ちるからです。

PCであれば、お金を出してi7を買えばいいだけなのに、ゴルフクラブだと途端に性能が不明になります。

統一基準を調べるに当たって参考にするべきは、ゴルフクラシックの重心ハンドブックとwebのmygolfspy.comです。

統一された基準に基づき、正しくクラブを選んでください。

 

2.選ぶべき指標

昭和の時代ですが、ドライバーはパーシモンでした。

それが月日が経つにつれデカヘッド化していったのですが、パーシモンからデカヘッドのドライバーに対応できないプロは最新テクノロジーを生かしきれず、弱くなっていきました。

向上心があるのであれば、自分にあったクラブを選ぶのではなく、スペックのいいクラブにあったスイングをするべきだと私は考えます。

選ぶべき指標は以下のものを基準に選んでください。

・ヘッド左右慣性モーメントが高いものを選ぶ(5000g/cm^3以上)

・重心深度が深いものを選ぶ

・重心高2が多いもの(重心が低いもの)を選ぶ

・重心距離が長いものを選ぶ。

・ドライバーであれば、ロフトが少ないものを選ぶ。(リアルロフトが9度ほど)

・シャローフェースではなくディープフェースを選ぶ

アイアンであれば抜けがいいクラブだの何だのと言いますが、少なくともドライバーに関していうと上手い人だろうと下手な人だろうと目的はほぼ一緒です。

飛んで曲がらないのが目指すべきところです。

 曲がらないためには、ヘッド左右慣性モーメントが高いもの・重心深度が深いもの・重心距離が長い・ディープフェースを選ぶべきです。

飛ばすためには重心高2(スイートスポットより上が長いもの)が長いもの・ロフトが少ないもの・重心距離が長いものを選ぶべきです。

ロフトが少ないとたまが上がらない人がいると思いますが、正直9度や10.5度なんてインパクトロフトの変動と比べたら大したことないです。

女子プロはインパクトロフトがほぼレベルブローからプラス2度程度のアッパーブローで打っていますが、初心者はドライバーでダウンブローに打ってしまうことがかなり多いです。(初心者が打ちっ放しでドライバーを打っても飛ばないのはこのせいが多いはずです。)

 

3.数本買い、メルカリで売る

さて、重心ハンドブックやmygolfspy.comでいいクラブを選んだでしょうか?

そこでゴルフショップに行くかもしれませんが、数球試打したくらいではその日のナイスショットがでたクラブを買う羽目になります。こんなのは感覚で選んでいるだけです。(まぁ、感覚が大事じゃないという気は無いですが。。)

性能が良さそうなクラブを数本買い、統計的な有意差が出る程度の打数を打ちっ放しでうち、よかったもの以外は手放しましょう。結局人間は感情の動物なので、ダサいものではラウンドしたく無いというものあるでしょうし、お気に入りのクラブで回ると楽しいというのは長期的に考えるとモチベーションの維持となりえます。

 

以上を踏まえて皆様もクラブを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

筋トレのサプリについて

こんにちは。ゴルフで300y飛ばすために筋肉をつけようとしてるmuu2000です。

 

色々筋トレ初心者なので調べて考えてやっているのですが、やっぱり現在のところsho-fitnessさんが一番信用しています。

過去にはまってきた麻雀やゴルフでも基本的にエビデンスがあるものを信じたい性分なのですが、sho-fitnessさんはエビデンスがしっかりしており、かなり信者になってます。

 

ゴルフで一番信用している指導者の方は吉田洋一郎さんで、吉田さんはデビッドレッドベターやその他有名コーチに師事し、最近では地面反力の第一人者であるクォン教授のもとに習い本も出版しているので、吉田さんが私の中では今のところトップです。

 

少々脱線してしまいました。本日は筋トレのサプリについてです。

sho-fitnessさんでおすすめされているサプリは下記のものです。いずれも科学的エビデンスがあります。

ホエイプロテイン

クレアチン

・マルトデキストリン

・BCAA

これらをmy proteinで買いました。

買い方としては

ホエイプロテインは腹を下さないために、WPIを選ぶ。(my proteinでいうアイソレート)

・送料無料にするために8500円以上買う

・40%クーポンを使う。(時期にもよりますが、調べれば出てきます)

・無味しかないもの(クレアチン・マルトデキストリン)については変わりようがないが、クレアチンは摂取量がまぁまぁ少ないので250gを購入

・マルトデキストリンは摂取量がそこそこあるため、5kgを購入

ホエイプロテインは味が多種多様なので、とりあえずナチュラルチョコとチョコブラウニーをそれぞれ1kgずつ購入。

・BCAAはsho-fitnessさんがおすすめしていたトロピカルと、自分が好きそうなコーラをチョイスした。250gずつ購入

としました。

 

合計でプロテイン2kg、クレアチン250g、マルトデキストリン5kg、BCAA500gも買ったのに9000円しないなんて、過去に買ったプロテインはなんだったんだ、、という感じでした。

なお、sho-fitnessさんでは初心者に紹介されておりませんでしたが、HMBについては過去の余りがあるのでそれを使う予定です。(一応トレーニング初心者にはエビデンスもあるそうですし)

 

腰が不安でビッグ3はヒヤヒヤしながら軽い重量から始めていますが、1ヶ月くらい経ってフォームを覚えてきたらトレーナーに見てもらおうと思っております。

 

5月くらいまでには他人から見てわかるくらい体を変えたいものです。

本日もどうもありがとうございました。

悩ましい筋トレその後

こんにちは。

 

先日ビッグ3を改変しないと腰などに負担がかかる、との日記を書きましたが

色々と調べているうちに悩ましくなってしまいました。。

 

sho-time golfのshotaさんも肩を壊してしまったみたいですし、調べてもビッグ3で腰を悪くする人は多い気がします。

別のyoutubeチャンネルのsho-fitnessさんが一番理論的だなぁと思って見ているのですが、sho-fitnessさんは(分割法ではないという意味で)全身法でのビッグ3+懸垂を初心者にオススメしているようです。

 

ある程度のレベルまではビッグ3と懸垂でいけばいいのかなという気もしてしまいます。

軽い負荷にてビッグ3のフォームを見直すほうがいいのかもしれません。

ちょっと方針が決まらずなんとも言えないですが、とりあえずは走らないといけないのでビッグ3をしつついいトレーニングを調べていきたいと思います。

ただ、sho-fitnessさんは論文まで読まれているのであんまりそれよりいいものも見つからないような気もしますが。。