札幌と理系と英語

英語を自在に使えるようになって、経済的自由になる

仮想通貨について

こんにちは。むーです。

数か月またさぼってしまいました。

今回、5連続でブログをかけたらワードプレスに移行して、仮想通貨について書いていこうと考えています。

みなさんは仮想通貨、ご存じでしょうか?投資していますか?私は今回仮想通貨の中でも草コインについて調べて行こうと思っています。

私は2017年12月下旬から仮想通貨の投資を始めました。取引所を開設し、日本円を入金し、テストでビットコインを購入、他の取引所を開設し送金、他の取引所の草コインを買うまでに二週間ほどかかりました。

そしてテストも終わった後、2018年1月中旬にビットコインが暴落し、私は1BTCが104万円のときに掴むことができました。

また仮想通貨を始めた直後から暴落を経験することができてとても経験になったと思っています。

ここで思ったことは「少なくとも現段階では、仮想通貨は全人口の1%や2%ほどしか投資してる人がいない上に、その1%2%の中でもネットワークビジネスや怪しい投資、ただ単にギャンブル好きの人などが何も考えずに仮想通貨を買ってる」ということです。

これは暴落時のチャットやツイッターの発言、2ちゃんまとめを見ればわかりますし、何も考えずに狼狽売りをしている人が多いためそう思います。銘柄をちゃんと調べて、ちゃんと考えて投資をしている人が少ないと感じました。

私が仮想通貨を始めたのは、もちろん現段階では決済手段などでは利便性はありませんので、もちろんお金を儲けるためです。

私の目標としては、今後3年間ほどで資産100倍にすることです。そのためには、暴落時に狼狽売りをしているような人、ツイッターバブル崩壊だと叫んでいる人とは違うことをしなければなりません。

例えば世界的には英語が主流なわけですから、まず英語を読めない時点で世界のマーケットからするとかなり遅れを取ってしまいます。幸いにも日本の取引量は少なくないはずなので、日本語と英語を読めるのは強みであります。

そのため本ブログでは私が英語の仮想通貨の記事を読み、簡単に訳したり情報収集していきたいと思います。また上場したての新しい通貨に主に目を向けていき最新の情報をつかむようにしたいと思います。これは、なかなか新しくない仮想通貨に投資していては100倍などといった倍率は目指せないと思うからです。

主に新しい情報を海外の記事などを参考にしながら、誰の手の垢もついていないような仮想通貨をいち早く発見し、分散しながら投資を行っていこうと思います。

また重要な点としては出口です。税金のことはもちろん考慮しつつ、またマウントゴックス事件のように取引所の崩壊などに備えて、資産を管理したいと思います。

ネット上でたまに見るような話ですが、仮想通貨で数億円儲かったのに、パスワードを忘れてしまった(秘密鍵を忘れてしまった)場合、仮想通貨の場合は中央集権型ではなく管理人がいないため、どんな手続きをしても引き出すことができないという事になってしまいます。ソフトウェアウォレットやハードウェアウォレットなどにも目を向け、しっかりと3年に資産を100倍以上にして取り出せるよう、計画を練っていきたいと思います。また私の利点としては私はインデックスファンドにもともと投資もしているので、そういった観点からも仮想通貨投資をしていきたいと思います。